治験 看護師求人

治験看護師はメリットいっぱい!


看護師の職種の中に、「治験コーディネーター」というのがあります。

 

治験コーディネータの給料や年収というのは、「治験コーディネータの実務経験あり」の人のみを対象としている求人なのかというのと「治験コーディネータとしての実務経験は問わない」という求人なのかで給料や年収に大きな開きが出てきます。

 

「治験コーディネータの実務経験あり」の場合の年収は概ね、年収400万円〜650万円までの数字に収まっていると言えます。

 

その中でも一番多い金額は、年収400万円台というものでしょう。

 

次は、「治験コーディネータの実務経験無し」の場合ですが、こちらは、年収280万円辺り〜450万円までの範囲に収まっています。

 

ただし、未経験者で年収400万円以上というのは、かなり金額としては高い方で、概ね月収としては、23万円〜25万円、年収にして350万円弱というのが一般的な金額だと言えると思います。

 

治験は、新薬を患者や健康な人に新薬を使用してもらって、新薬の効果や薬剤の追跡調査を行い、身体的データを集めます。

 

その際に、治験の目的やリスクなどを十分に説明し、被験者が内容をしっかりと確認・理解した上で参加に同意してもらう「インフォームドコンセント」が必要になります。

 

この時の協力者として、治験コーディネーターが存在し、それには、看護師・薬剤師・臨床検査技師が当たっています。

 

この仕事は単に説明だけではなく、精神的なフォローもあるので、看護師の占める割合が多くなっているようです。

 

仕事としては、医療行為がないので、臨床業務を希望する方には物足りなく感じる方もいらっしゃいますが、土日休み、夜勤なしなので、子育てなどで時間的制約のある方には働きやすい職種ともいえます。

 

しかしながら一般的には治験看護師を求人誌やハローワークでは募集していません。

 

いわゆる非公開求人という場合が非常に多いです。

 

また、募集していたとしても給料が高かったり、残業がなかったりとの理由で募集が殺到してしまいすぐに募集が締め切られてしまいます。

 

子どもがいたり、結婚をしている看護師にとって残業がないことや土日休みが確保されていることは看護師にとってとても重要な条件でしょうから無理もありません。

 

そんな時に利用してほしいのが看護師求人サービスです。

 

登録料、紹介手数料など完全無料ですし、登録には1分程度でできるのでぜひ登録してください。

全く知らない職場に単発夜勤派遣で行くとしたら何が不安ですか?単発夜勤派遣はこんな事が大変!!

私は、介護施設で常勤看護師をしています。

 

介護施設は、病院に比べると仕事内容はとても楽ですよね。

 

残業がほとんどないし、急変やステルペンもほとんどないし、精神的に楽な気持ちで働く事ができるんです。

 

それに、年間休日数が多くて、毎月連休が取れるので、リフレッシュする事ができるんですよね。

 

でも、仕事が楽な分給料が安いんですよね。

 

それが、唯一の不満なんですけど、職場の環境が良いので、転職しようとは思わないんですよ。

 

こんなに働きやすい職場はなかなかないと思うので、転職なんてしたら勿体ないです。

 

だから、私は、給料アップの為に、ダブルワークをしているんです。

 

私は、連休を利用して、単発の夜勤派遣をしてるんです。

 

看護師単発バイトの仕事は、時給が高いんですよ。

 

2交代制の夜勤で、1回の勤務をするだけで3万7千円になるんです。

 

とても魅力的ですよね。

 

月に2回この仕事をすれば、結構な収入になるんですよ。

 

でも、仕事内容は決して楽なものではありません。

 

毎回違う職場に行くので、患者さんの疾患や状態を把握するのはとても大変です。

 

でも、それよりも緊張するのは、職場の環境ですね。

 

派遣の受け入れ態勢が良い職場だったら、単発でスタッフの中に入っても、親切に仕事内容を説明して貰う事ができます。

 

でも、中には、派遣の受け入れ態勢が悪い職場があるんです。

 

そのような職場の場合、冷たくされたり、邪魔にされたりする事があるんです。

 

仕事内容がキツイかどうかよりも、受け入れ態勢がいいのか悪いかが気になりますよね。

 

看護師転職サイトには、転職支援金がもらえる場合もあります。

 

看護師の仕事は、結構沢山求人があるんですけど、私はまず、その職場の受け入れ態勢がどんな感じかという事を、必ず確認していますね。

 

受け入れ態勢が悪い職場の場合は、避ける時もあります。

夜勤バイトや夜勤派遣は時給が高くて人気があるけど、顔も疾患名も分からない患者さんを見るのは想像以上に大変ですよ・・・。

夜勤バイトや夜勤派遣の仕事は、1回の勤務で3?4万円の収入を得る事ができます。
時給が高い仕事なので人気があり、夜勤専従のみの仕事で生計を立てている看護師も沢山います。
1回の勤務でこれだけの収入ですから、単発派遣でも充分に稼ぐ事が可能です。
ですから、給料アップが目的で、ダブルワークとして働いている方もいます。
しかし、時給が高い分、楽な仕事ではありません。

 

病棟で働いている場合、患者さんの顔や名前はもちろん、疾患名や経過を把握しておく必要があります。
特に夜間は、急変などが起こりやすいので、適切な処置をする為にも、患者さんの状態を把握しておく事が、
看護師とって当り前の事です。
しかし、単発夜勤は、患者さんの事が何もわかりません。
スタッフに説明してもらう事で、ある程度の事は把握する事ができますが、完璧ではありません。
カルテを見ればわかりますが、すべての患者さんのカルテを見ている時間はありません。
派遣看護師は、基本的にフリー業務を任されるんですが、急変やステルペンが多い職場では、常勤看護師が対応している間、
派遣看護師も急変の対応を手伝う場合があります。

 

それが、もし派遣の受け入れ体制が悪い職場の場合は、説明して貰う事もできず、とても気まずい思いをします。
患者さんの事が何も分からない状態で夜勤をするのは、想像以上に大変です。

 

老健の夜勤派遣であれば、病院に比べると急変やステルペンが少なく、介護系の仕事が中心になるので、負担も軽いと思います。
しかし、その分時給は安くなります。
病棟で夜勤をするか、老健で夜勤をするか、時給も業務内容も全く異なってきます。
ですから、自分に合った環境を選ぶ事が大切だと思います。