治験 看護師求人

一般病院と介護施設や老健などでは、どこが一番異なると思いますか?

一言で介護施設といっても、その種類は実に沢山あります。

 

高齢者の方が人生の最期を過ごす施設となる、特別養護老人ホーム。
リハビリなどを行いながら、在宅復帰を目指す施設となる、老人保健施設。
ひとり暮らしには不安があったり、介護の手が少し必要、といった方が利用する、有料老人ホームやグループホーム。

 

このように、様々な施設があります。

 

一般病院と、これらの介護施設の一番の違いは、治療の場か、生活の場か、というところだと思います。

 

介護施設は、医療を必要としない方や、慢性期で落ち着いた病状の方が対象となりますが、一般病院の場合は、
治療を目的としている、急性期の方が対象となります。

 

介護施設というのは、ご利用者様の生活の場ですから、生活しているご利用者様の意思が一番に優先されます。
特に老人保健施設では、在宅復帰を目的としている施設なので、自立する事がメインになります。
その為、医療面で不安があったとしても、ご利用者様も生活や行動を妨げないようにする必要があります。

 

このように、一般病院と介護施設とでは、目的に大きな違いがある為、病院で働いている時と同じ感覚で介護施設で働いてしまうと、
戸惑う事が沢山出てきます。

 

病院での看護師の役割は、疾患の治癒に関わるケアがメインとなっていますが、老人保健施設では、ご利用者様の健康管理に努めて、
現在の生活を維持させる事がメインとなります。

 

介護施設は、ご利用者様の生活の場となる為、病院のようにバタバタした雰囲気はありませんね。
ご利用者の方と、深く関わる事ができ、生活を見守っていく介護施設の仕事を、私はとても気に入っています。
落ち着いて仕事ができる環境が、私には合っているようです。